ブランディングとは

5年後、10年後にどんな会社になっていたいですか?

 

「よい商品やサービスを提供できれば売れる」という時代は終わりました。

モノも情報もあふれた世の中。お客様に選ばれ続けるためには、会社や商品・サービスの魅力をわかりやすく伝える必要があります。

 

 

ブランディングとは

「ブランディングとは、ビジョンに向かって起業価値を高めていく取り組み」のこととアイウィルでは定義しています。

なにかひとつのことを懸命にやればブランディングにつながるわけではありません。
企業マインド、デザインの統一、従業員教育などを、ブランディングの観点から行うことで、お客様からの信頼を得て、永続的な事業の発展につながっていくのです。

会社はどこを目指しているか、どんなイメージで見られたいか、お客様から選ばれる理由は何か。それをブランドコンセプトとしてまとめ上げていきます。
もしかしたら、経営者、社員、お客様との間で、認識がずれているかもしれません。
ブランディングには一貫性が重要です。

どこから見ても、どこを切っても同じイメージでとらえてもらえる、本当の企業価値を見つけ出すお手伝いをしています。

 

 

ブランディングで得られるもの

  1. 自信
    会社や商品・サービスの魅力が明確になることで自信が生まれます
  2. イメージアップ
    一貫性のある情報発信によってお客様からの評価が上がります
  3. 信用
    価値が明確になることで、周囲からの信用がアップします
  4. モチベーション
    ビジョンに誇りを持つことができ、スタッフのやる気がアップします
  5. 採用
    会社の魅力が伝わり、価値観が共有できる人材が集まります
  6. 選ばれる
    一貫した価値の提供により、選ばれる会社になります
  7. 売り上げに貢献
    すべての要素があいまって、売り上げの上昇につながります

 

 

ブランディングのプロセス

  1. 将来どんな会社になりたいか、目指すビジョンを定義して、伝えたいイメージを明確にします。
  2. そのイメージに基づき、会社の顔であるロゴやシンボルマーク、言葉で表現するスローガンやキャッチコピーなどに展開していきます。
  3. ビジョンを共有しながら、一貫性を持った企業活動を行っていきます。

 

ブランドコンセプトの設計

会社に関する情報を集めて、自社の強みや魅力を再確認します。
目指すビジョンを明確にして、そこへ向かっていくために必要な要素を明らかにします。
どんなイメージを伝えていくか、ブランドコンセプトを作成し、それに基づいてネーミング、キャッチコピー、使用するキーワードなども決定します。

 

ツールデザイン

イメージを伝えるテーマカラーやシンボルマーク、ロゴデザインなどの設計を行います。
必要なブランディングツール(マーク、名刺、パンフレット、ホームページなど)を制作します。

 

情報発信

すべての要素を総合して、ビジョンをめざしながら必要な情報発信を行っていきます
(ホームページ、SNS、動画、ニュースレター、メルマガなど)

さらに、営業活動、店舗での接客、問い合わせに対する返信など、お客様との接点はすべてブランドコンセプトに合っているかを重視していきます。

 

 

アイウィルでは、ステージアップを目指す企業さまのブランディングパートナーとして、コンサルティングとツール制作、企業研修を行っています。

 

詳しくはこちらから