最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

MUD(メディアユニバーサルデザイン)3級を受講しました

2016.07.16

 

image

ふつうの土曜日と思っていたら、3連休初日なんですね。
デザイナーの夫とともに、MUD検定を受講してきました。

MUDというのは「メディアユニバーサルデザイン」のこと。
「ユニバーサルデザイン」とは、すべての人にわかりやすい、使いやすいデザインのことを言いますが、中でも、情報を提供するメディアに特化したユニバーサルデザインをMUD=メディアユニバーサルデザインといいます。

「障害者差別解消法」が施行され、不当な差別だけでなく、必要な情報を伝えないことも差別とみなされるようになりました。
障害者に対して、合理的配慮が義務と定められたのです。
よって、行政や企業では、情報発信も、すべての人にわかりやすくする必要に迫られていきます。
そこで、少しでもわかりやすい情報発信についてご提案できるように、MUDを学ぶことを決めました。

MUD検定では、色と文字に留意して、視覚情報を見やすくするということを学びます。

色覚障がい者や高齢者には、見づらい色、区別しづらい色があります。
その人たちにどのように見えるかを理解したうえで、すべての人に見やすくする工夫が必要です。

また、文字についても、フォントの特性や見やすい文字の配置に留意することで、各段に見やすくすることが可能です。

公的なものに限らず、私たちが情報発信をする際に、わかりづらければ見てもらうことすらできません。
情報過多の中、いかにわかりやすい情報を届けるかは、私たちデザインに携わる者に必要なスキルと考えています。
そして、MUDの考えに基づき、わかりやすくかつ高いデザイン性を追求していきたいですね。

一日受講をしたのち、1時間検定試験を受けるという、受験からウン十年経っている身としては、集中力に難点が!!
周りは、20代から30代の人ばかりの中で、おじさんとおばさんはがんばりました!!

私の受講はとりあえず3級で終了。
デザイナーには、引き続き2級にチャレンジしてもらいます。

さてさて、みっちり学んだあとの試験は合格しているでしょうか。
一か月後までドキドキです。

わくわくプロフィール写真撮影

2016.03.05

先日、フォトスタジオ オーバルの15周年記念キャンペーンをきっかけに撮影を依頼することにない、3名の方のプロフィール写真の撮影立ち会いをさせていただきました。
 
写真 2016-02-26 12 29 52
 
写真 2016-02-26 12 51 34
 
写真 2016-02-26 13 11 25 (2)
 
モデル撮影に定評のあるダイさんと、ダイさん曰く「名古屋で一番メイクがうまい」今井さんとのコラボレーション。

みなさんとても美しく変身しました!

 

結果はこちらからご覧ください
↓  ↓  ↓
http://ovale-photo.com/ovale/archives/1026

 
ちなみに、モデル風に撮った写真をプロフィール写真として使うことはまずありません。

これは、撮影時のお楽しみということで!!
 
 
今や、ホームページやブログ、FacebookなどのSNSに自分のプロフィール写真の掲載は不可欠です。

すてきに撮ってもらうことは大切ですが、本人を目の前にしたときに

どちらさまですか?

と思われてしまうのも問題。
 

見た目が9割と言われているほど、ビジュアルで相手に与える印象は、良くも悪くもその後の関係性に影響を与えます。

それほど、良い印象を与える写真の掲載は重要なのです。

本人らしさを残しながら、極力いい感じの写真を撮ってもらいたいですね。
 
 
女性は誰しも変身願望があります。今回の撮影はそれを十分満足させてもらえるものでした。

これまで気づかなかった自分と出会う。

そんな体験をしてみたい方は、ぜひこちらにご依頼くださ~い。
 
Ovale Photostudio
http://ovale-photo.com/
 

レビュー『仕事の速い人が絶対やらない時間の使い方』

2016.03.02

book

 

女性経営者の会GIVERSで、毎月マーケティングのご指導をいただいている、理央周先生が新刊を出版されました。

『仕事の速い人が絶対やらない時間の使い方』

ビジネスパーソンなら誰でも気になる時間の効率化について書かれています。
 

理央先生は、これまでの出版の中で、時間術とマーケティングを主なテーマとされています。

理央先生の最初の書籍も時間術がテーマで、

『さぼる時間術』というセンセーショナルなタイトルで人気となりました。

自分の時間をいかにコントロールして、「さぼる時間=アポなどを入れずに自分のスキルアップ・成長ために使う時間」を確保する大切さが書かれていました。
 
今回は、自分の時間のコントロールに加え、人とのコミュニケーションに配慮した時間術が紹介されています。

意外に時間が取られるのが、人とのコミュニケーションがスムーズに行かなかったときの時間ロス。

ビジネスパーソンとして身につけておきたいマナーと同時に、

お願いごとを明確に表現すること

自分の都合だけを押し付けるコミュニケーションにしない

相手に配慮しながら時間をコントロールしていく

などの秘訣が書かれています。

 

アイウィルでは、理央先生の印刷物のデザインを担当させていただいていることもあり、先生とはメールやwebツールを使ってやり取りをすることが多いです。

納期などで無理を言われたこともありませんし、早め早めに制作の手配をしてくださることは感じていました。

今回、この本を読んで、改めて理央先生の普段のコミュニケーションに関する配慮の理由が、書籍に書かれているご経験から来ているのだと実感しました。

 

一時はAmazonで品切れになり、すでに重版が決まったとのこと。

できる人になるためにも、身につけたいスキルの数々が網羅されています。

この本で、ビジネスパーソンの仕事のパフォーマンスがあがること請け合いです。
 

Amazonならこちらから

『仕事の速い人が絶対やらない時間の使い方』

 

改めましてアイウィルの自己紹介です

2016.02.21

アイウィル株式会社の柳沢美奈子と申します。
ステージアップを目指す女性経営者のブランディングのお手伝いを得意としています。
 
アイウィルの考えるブランディングは、価値の見える化です。
経営者自身、スタッフ、会社、扱う商品サービス、など、すでに持っている魅力に光を当てて、お客様にわかりやすく伝えられるように、デザインを主体に形にしていく作業といえます。
 
ブランディングを行うことで、イメージアップだけでなく、信頼を得やすい、スタッフのモチベーションアップ、来て欲しい人を採用できる、などのメリットがあります。
特筆すべきは、やるべきことが明確になり、経営者のストレスを軽減できることです。
 
これまでたくさんのブランディングをさせていただきましたが、社長ご自身、会社、商品サービスの魅力を充分に伝えきれていないように感じます。
自分がしていることは、つい当たり前になってしまうので、お客様がどこに響くかわかりづらくなってしまうのです。
そんなときは、アイウィルのような第三者視点を利用して、魅力を再確認していただきたいと思います。
 
ブランディングは、必要以上に飾って表現したり、ありもしないことを見せるものではありません。
今持っている大切な宝物に、磨きをかける。
これまでの実績とこれからのビジョンを表現する、そんなブランディングのお手伝いをしていきたいと考えています。
 
 
アイウィル株式会社
代表取締役 柳沢美奈子
 
 

得意なことで生きていく〜強みを補い合うビジネスモデル〜

2016.02.20

【松田昌美 テープ起こし専門 ブラインドライター】

以前、facebookのタイムラインで偶然目にしたサイトです。

blindwriter

松田昌美さんのサイトからお借りしました

https://peraichi.com/landing_pages/view/blindwriter
 
 
ときどき取材などの仕事に携わることがありますが、インタビューの内容をテープに起こす作業は、時間ばかりかかってしまい、慣れていないと大変つらいものです。
 
松田昌美さんは、目が不自由ですが、抜群に耳が良く、数人の声を聞き分けたり、スピードの速い内容を短時間でもテープ起こししたりできるとのこと。
もちろんトレーニングを伴ってのことですが、彼女の強みを活かした仕事がテープ起こしだったのです。
目が不自由な彼女をサポートする形で、和久井香菜子さんが仕事の依頼者とのメールのやり取りなどを行っています。
 
とてもわかりやすいホームページは、無料ツールの「ぺライチ」を使用され、コストをかけずにビジネスを起こすよい事例にもなります。
 
 
自称、能力フェチの私としては、ハンディはあるけれど、だからこそ備わっている強みを最大限に生かした松井昌美のお仕事を素晴らしいと感じました。

人はだれでも得意不得意があります。
テープ起こしが辛いライターの和久井さんと、そのテープ起こしを得意とする松井さん。
お互いの力を補い合うことで新しい視点のビジネスが生まれます。

 

このような、お互いの得意なことを交換し支え合う、希望が持てるビジネスモデルは、どこかにたくさん種が眠っているような気がします。

注目する人が多かったようで、SNSで拡散されネット上でずいぶん話題になりました。
(だから私も見つけることができました)
 
 
ちょうど取材の仕事があったので、早速テープ起こしを依頼してみました。
仕事の依頼から納品まで流れが明確なので、入金ご確認数日でデータが届きました。
私が頼んだのは、漢字変換や改行などの校正がない「通常」コースです。一番安いプランですが、さほど長いインタビュー時間ではなかったので、細かい部分はあとから自分で修正すれば問題ありません。
約1時間超えの音声データで8000円程度は躊躇なく外注できる価格です。
きっと喜んで依頼するライターさんたちもたくさんいるでしょう。
(実際、仕事が立て込んでいるとのことでした)

 

誰かのお困りごとを解決するのがビジネスの基本。
インターネット社会だからこそ可能な、規模は小さいけれど柔軟なビジネスモデルが生まれ、自分の得意なことで生きていくことができる。
そんな人が増えたらさらに生きやすい幸せな世の中になりますね。

 

【自分の得意なことで生きていく】
そんなビジネスの種を持った人にもっと輝いてもらうことも、アイウィルのミッションの一つです。

次のページ »