最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

ビジネスのステージアップのためにホームページを見直したい方向けに、無料相談会行います

2016.02.14

こんにちは!
ステージアップを目指す女性経営者の強い味方!
ブランドを設計デザインするアイウィルの柳沢美奈子です。

 

インターネットバンキングの設定をしていましたが、パスワードの設定でミスったようで、途中からエラーで弾かれまくり、先に進めず諦めました(涙)(意外にPC作業は苦手です)
トホホの休日になった私ですが、皆様はバレンタインの今日、素敵な時間をお過ごしのことと思います^ ^
 
今日は、ホームページの制作やリニューアルをお考えの方に向けてお知らせです。

2016年2月27日(土)ホームページの無料相談会開催します!!
お一人様30分無料です。(カフェですので、ワンコイン500円でコーヒーだけご注文ください)

 
事業を拡大するためには、お客さまを増やす、ターゲット層を変える、新商品を開発する、価格を上げるなどの取り組みが必要ですが、それを実現させるにはマーケティングやブランディングの見直しが必要です。
 
ビジネスのスタート時に比べると、見せ方も大きく変化しているはず。
特に、ホームページなどは、新しい項目をつぎはぎしてきて分かりづらくなることもあります。
 
ビジネスにおいて更なるステージアップを目指す時は、一度立ち止まって、見せ方全体のバランスを考えてホームページも見直してみることをお勧めします。
 
増改築を繰り返して来て使い勝手が悪くなったお家を立て直すイメージですね。
新しい家は、機能性が高く快適ですよ^ ^
 
ただ、インターネットの世界は半端なく変化がはやいですから、いったい何をどうしていいやら、わからない方も多いと思います。
断片的な情報では、自社に何が最適か、わからないですよね。
 
家を建てるときに、立地条件、土地の特性、敷地面積、ライフスタイルなどの条件で理想的な家が違うように、最適なホームページも千差万別。
1回のセミナーなどでは伝えきれないことばかりです。
 
というわけで、ホームページに関する無料相談会を行うことになりました。
一宮のカフェ・ピルエットさんの、「ビジネスパーソンと語るカフェ」シリーズ企画の一環です。
 
ワンコイン500円で、プチスイーツ付きのコーヒーを注文していただければ、30分無料でお話を伺いアドバイスさせていただきます。
 
私にとっても、ホームページに関するお困りごとをリサーチできるよい機会ですので、「タダより高いものはない」なんてことにはなりません。
安心してエントリーしてくださいね。
 
詳細はピルエットさんのサイトで紹介されています。

Pirouette 今月のお知らせ
http://www.pa-du-due.jp/pirouette/
「ビジネスパーソンと語るカフェ」
2016年2月27日(土)
10時、11時、13時、14時、15時、16時 からお選びください

 
ご興味のある方は、アイウィルまでお問い合わせくださいませ!!
お問い合わせはこちらから
http://iwill5.jp/contact/
 
それでは、ハッピーバレンタイン~♪
今日もステキな一日をお過ごしください
 

不得意で嫌いだからビジネスになる

2016.02.07

自分で独立して事業を始める場合、好きなことを仕事にしようという話が良く出てきます。
好きか嫌いかだけではなく、得意か得意でないかを判断基準に入れると、さらに分析しやすくなるかと考えています。

 

得意なことは、さして努力もなくできるようになります。
得意なことで好きなことであれば、他の人と圧倒的な差をつけてビジネスにしやすいでしょう。
 
文章を書く、デザインをするなどのクリエーター的お仕事、営業なども得意で好きならば仕事にするといい結果につながりやすいと思います。

 

でも、それを人に教えるとなると、少し別の角度からの検証が必要です。
得意で好きなことは言葉を変えると「できてしまう」ことでもあります。
それを、体系的に分析してカリキュラムにして人に教えられるかというと、逆に難しいかもと。
よく、野球の長嶋元監督の教え方が笑い話になるように、できてしまうことを他人に教えるのは至難の業なのです。
(私は地図を読むのが得意なので、読めない人に場所を教えるのが苦手です。わからないことがわならない、そんな感じですね)

 

周りを見回すと、意外に「嫌いで不得意」なことを何とか工夫してできるようにしたおかげで、そのノウハウを教えている人が多いです。
嫌いで不得意なことは、出来るだけ時間をかけずに簡単に済ませてしまいたいと思うもの。いかにして攻略するかを考えているうちに、ノウハウが蓄積されているのです。
 
たとえば
時間がないから簡単に料理が作れるレシピ
面倒だから簡単に整理整頓ができるノウハウ
嫌いだから少しでも楽にできるメールの処理
 
そんなノウハウは「得意で好き」な人より「不得意で嫌い」な人のほうが見つけやすいものですね。
 
「これって、けっこう知りたい人がいるかもしれない!!」
そんな内容が教えるビジネスにつながります。

 

かくいう私も、思い込みが激しく、忘れやすく、面倒くさがり屋な性格をしているため、かなり努力して、ミスを少なくし、忘れないように、楽に誤解なく意志が伝わるよう訓練をしてきました。
近いうちに、「面倒くさがり屋さんのための業務効率化」に関するノウハウをカリキュラムにできたら面白いなと思っています。

 

不得意だからこそ、嫌いだからこそビジネスになるというように、逆説的に考えてみると、きっとなにかアイディアが浮かぶかもしれません。
知りたい人がいれば、それがビジネスの種になります。

 

俯瞰で見るということ

2016.02.06

本日は、かねてから楽しみにしていた自衛隊春日井駐屯地でのヘリコプター搭乗体験に行ってまいりました。
乗り物と高いところが大好きな私にとって、これ以上の楽しみはありません。

 

160206_1

 

160206_2

 

15分のフライトで、春日井から北の方向を右回りで周遊するコースです。
初めて乗ったヘリコプターでは、プロペラ音が大きく話し声は聞こえません。
振動もかなりのものでした。
でも楽しい!!
快晴ではありませんでしたが、なんとか天気にも恵まれ、視界は良好です。

 

160206_3

 

鳥のように俯瞰でみる春日井、小牧、犬山エリア。
地上からはわからない地形や施設も把握することができました。
リアルGoogleアースのイメージです。
自動車はマッチ箱のような大きさで、いつも私たちはあの位置から世界を見ているのですね。

 

心躍るような爽快感を体験しながら、視点を変えるということは、とても大切なことだと感じました。
高い空から見る世界は、自分の小さな悩みや焦りなど、たいしたことはないと思わせてくれる力があります。

 

160206_4

 

視点を変える、俯瞰で見る。
毎日の生活に流されそうになったら、この写真を見て思い出してみよう。

 

春日井駐屯地の皆さま、お世話になりました。
ステキな体験をありがとうございました!!

 

女性経営者 それぞれの起業のきっかけ

2016.02.05

本日は、一宮の女性経営者のネットワークGIVERSの定例会でした。
毎回、メンバー全員が1分でプレゼンテーションを行います。
2月より、FM一宮で番組を持つ私たちGIVERS。そこで、リハーサルもかねて自己紹介の練習です。
 
今回のテーマは「今のビジネスをスタートしたきっかけ」です。
メンバーの発表は、それぞれ紆余曲折のストーリーがあって、女性が起業するきっかけは十人十色ということがよくわかります。
 
この仕事をやりたくて目指していたという人は案外少なくて、ご主人の仕事を手伝ったり
ちょっとしたきっかけからビジネスにつながったり、人生とは本当に先行きがわならないものです。
 
かくいう私も、夫がサラリーマンデザイナーでの限界から独立したということがきっかけです。デザインに関して、右も左もわからなかった私が10年この仕事をしてきたのも、今思えば不思議な気がします。
資格がなくても、その業界での経験がなくても、一つ一つの仕事で学ばせていただきながらステップアップしてきました。
「仕事の報酬は仕事」
この言葉が好きで、大切にしてきたことは確かです。
 
遠回りもたくさんしてきましたが、私の経験が起業を目指す女性のお役にたつかもしれない…。そんな気持ちから、資格やキャリアに頼らないビジネスの仕方を少しずつお伝えする機会をつくっていきたいと思います。
 
まずは、FM一宮!
2016年2月から4月まで、毎週土曜日午後2時半から30分、GIVERSメンバーが交替でトークをしています。

 

レビュー『ほとんどの社員が17時に帰る10年連続右肩上がりの会社』

2016.02.04

『ほとんどの社員が17時に帰る10年連続右肩上がりの会社』
岩崎裕美子

 

今、私にとってタイムリーな内容だったので、すぐに手に取った書籍。

タイトル通り、前半はタイムマネジメンと仕事の効率化の内容だったのですが、後半は一転してマネジメントが軸となります。

 

えっ?残業なしで業績が上がり続ける会社で、社員が暗い顔ってどういうこと??

もちろん、さまざまなプロセスを経て、今は幸せな会社になっているのですが、ここまで自社のことを赤裸々に書いた岩崎社長の覚悟も素晴らしいと思います。

 

「終電まで働かなくては戦力外」と言われるほど超ブラック企業を辞め、オリジナル化粧品の開発とインターネット販売で起業した岩崎社長。

 

◇定時退社の徹底
◇毎月の業務の棚卸
◇アウトソーシング
◇ルーティンワークのシステム化
など、女性が結婚・出産しても働き続けられる会社をめざし、徹底した業務効率化を進めていきました。しかも、事業は右肩上がり。17時退社を実現させても業績は上がり続けていきます。

 

しかし、残業もなく売り上げは上がっていくのに、社員は暗い顔ばかり。
ここで、初めて社員と経営陣の間の溝が浮き彫りになります。
圧倒的なコミュニケーション不足から積み重なってきた不信感。
外部のコンサルタントとともに、理念の見直しなど、さまざまな改革を行っていきます。

 

そのプロセスを通じて、岩崎社長も経営者として成長していくわけですが、女性経営者なら誰しも、この本を読むと身につまされることがたくさんあるのではと感じます。

 

「いい会社って何?」という問いを突き付けられているような気がしました。

 

働き甲斐のある会社に何より大切なのは、コミュニケーションと理念の徹底。
弊社には従業員はいないですが、自分たちの軸となるポリシーを明確にして、ぶれない判断基準を決めていかなくてはと痛感しています。

 

業務効率化の本と思って読み始め、読了後は予想以上の満足度です。
女性経営者には、ぜひ読んで欲しい一冊です。

 

book1

 

『ほとんどの社員が17時に帰る10年連続右肩上がりの会社』
著者:岩崎 裕美子
出版社: クロスメディア・パブリッシング

 

 

« 前のページ | 次のページ »