ブランディングパートナー 柳沢美奈子のブログ

オンライン講座とオンライン動画講座の違い、わかりますか?

2020年04月07日

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、人が集まることができなくなりました。
イベント、会議やセミナー、研修がことごとく中止・延期になり、会場をレンタルする会社、講師の先生など影響を受けている方も多いと思います。

会社ではリモートワークが推奨され、3月あたりからすべてのものが一気にオンライン化へとシフトしました。
オンライン上でミーティングができるWEBサービス「ZOOM」で、打ち合わせや会議、セミナーなどが広く行われるようになっています。

4月より、お取引のある方へ無料相談のご案内をしていますが、申し込まれるほぼ全員が動画活用、およびオンライン講座に関してのご相談を希望されています。

ただ、イメージしていらっしゃるのがオンライン講座なのか、オンライン動画講座なのか。
明確な定義があるわけではないですが、私が考えるその違いをここで一度整理しておきたいと思います。

オンライン講座】
今、巷で言われているのはたぶんほとんどこのタイプです。
リアルな会場で行い参加者に集まってもらうスタイルだったものを、ZOOMなどを使ってオンライン上で行うことに変えたものです。
よって、集まらなくてもよくなりましたが、その時間にPCの前に集まる必要が生じます。


場所は自由ですが、時間の制約がありますね。(講座の様子を録画しておいて、のちにアーカイブとして提供することも可能)
また、音声かチャットかのスタイルはそれぞれですが、リアルタイムですので、講師とのコミュニケーションも可能です。

集まれなくなったため、急遽ZOOMでのオンライン開催に変更しても、運営が可能です。
内容は、ほぼリアルのものをそのまま持ってこれるからです。

【オンライン動画講座】
こちらは、事前に作成しておいた動画をオンライン上で公開するものです。
DVD販売していた講座を、オンラインで見られるようになる、そんなイメージです。
通常の講座を講師一人で話しているところ(またはリアル講座)を撮影し、編集を加えて公開します。
または、スライド資料をメインに音声を乗せるやり方もあります。
このオンライン動画講座は、受講者にとって場所だけでなく時間も自由になることが特徴です。
ただ、参加者同士や講師とはコミュニケーションが取れません。
資格やスキルを取得する、またはじっくり取り組むワークが必要な講座に向いています。 

どちらの講座にも、それぞれメリットデメリットがあります。
特に、動画講座に関しては、撮影・編集が必要なため、一気にハードルが上がります。
その代わり、頑張って作ってしまえば、それ以降は時間の制約が不要になります。

今、オンライン化のご相談があった場合、以上のどちらをご希望かを確認して、オンライン講座の場合はZOOMの使い方講座(他社開催)をお勧めしています。
ZOOMは一気に利用者が増えたため、どんどん仕様も変わっていくので、それは専門家から指導を受けたほうがいいと考えているからです。
 

オンライン動画講座に関しては、作り方を学ぶ人が挫折することも多いのが現状です。
撮影のところでいったん行き詰ることがあるようです。

 
弊社ではオンライン動画講座に関して、企画構成、その講座に適した撮影の仕方、できたものをプラットフォームに乗せる、告知の仕方まで、プロデュースが可能です。

その前に、知りたいこともたくさんあると思いますので、まずは、一度無料相談でお話しいたしましょう。
ご自身の講座コンテンツが、どちらに向ているのか、また動画の場合、どのような撮影方法が適しているのかなどお伝えできると思います。

ご希望の方はこちらからご予約ください。
https://reserva.be/iwill5

最近の投稿

カテゴリ

アーカイブ