深い信頼と正しい評価

企業が信頼を得るには、ビジネスの内容や思い、適切なキャッチコピーやプロフィールが必要です。
それに加え、ビジュアルとして商品やサービスを価値あるものに見せる写真も必要です。
しかし、SNSからの情報は流れてしまいがちで、企業案件が来ることは希少といえます。
ですから、必要な情報が整理され、きちんとした形でサイトに掲載してあることは、現代だからこそとても大切です。

適切なデザイン

デザインはブランディングとマーケティングの上にあるものですが、印象を決める大切な存在です。
その要素には「親しみやすい・高級感・女性向け・企業or個人向け」などが、自社のイメージに合っているかがポイントになります。
アイウィルのサイト作りでは、導線を大切にしており「来てほしいお客様が来てくれるようになった」という感想も寄せられています。

社内ブランディングに役立つ

意外に、自分の仕事以外は見えないといわれ、普段当たり前のようにしているからこそ、価値を感じにくい傾向にあります。
そんな時、第三者(私たち)が入ることで、その仕事が特別であると認識してもらい、スタッフや社員さんが誇りをもって仕事ができるように働きかけます。
また「ホームページを見てください」と自信をもって言えることは、お相手さんにかなり効果的です。

リクルートにも繋がる

アルバイト、正社員の採用の際に、仕事内容、社内の雰囲気など伝えるべきことはたくさんありますが、上記のように「当たり前」のことは伝えづらいとよく言われます。
そんな時にも、しっかりとブランディングがされたサイトを持っていることは、自社の魅力に繋がります。