ブランディングパートナー 柳沢美奈子のブログ

強みを伝えると「自慢してる」って思われるか不安 その3

2021年05月10日

相手に、自分の強みを伝える際に、自慢に聞こえない方法を考えて、②まで説明してきました。

①自分の強みが相手の役に立つまたはお悩み解決ができる内容であるか
②努力や経験で身に付いたこと、これまでの実績について数字などを引き合いに根拠をもって淡々と語る
③他人の評価を借りて表現する
です。

③の他人の評価を借りて表現する
は、そのままですね。解説の必要はないでしょう。

最近は、インターネットの発展によってありとあらゆる情報を見つけることができるようになりました。
そのため、企業が発信している広告宣伝のようなものをそのまま信じる人は少なくなっています。
Amazonに代表されるように、カスタマーレビューを掲載している販売サイトも多いですし、他の人の感想や解説記事、比較サイトなどあらゆる方法で情報を集め、購入を決めているのではないでしょうか。

自分からの発信は、信じてもらえないわけではありませんが、他者から評価されている事実が信頼性を増すことは間違いありません。

まして、自分では言いにくいことは、他者から語ってもらうことで「自慢」のイメージは払拭されていきます。

たとえばこんな表現です
・もっと早くここを知っていたらよかった、とお客様に言われました
・オープン以来、○年間毎月通ってくださるお客様がいます
・予約が取れなくなるといやだから他に教えたくないと言われました
・ここに来るとホッとするというお客様が多いです
などなど

上記は、BtoCと言われる個人のお客様を対象としたビジネスでの例になります。
BtoB(対法人のビジネス)の場合は、また少し違った表現になりますが、根本の考え方は同じですね。

「お客様の声」や「レビュー」は、販売サイトや広告には必ず掲載されるほど重要視されています。
私たちも、自分の強みや特徴を語る際には、他者評価を上手く使って、自慢に受け取られないようにするとともに、信頼性を増していきましょう。


こうして、3回にわたり、自慢に聞こえない表現について考えてきました。
内容に気を配ることも大切ですが、何よりもその強みの内容に相手がなんの関心もなかったり、こちらからの押し付けであったりすれば、どんな中身であっても自慢気に聞こえてしまいます。

強みを伝える場合は特にコミュニケーションにも配慮して、独りよがりにならないように気を付けたいものですね。



最近の投稿

カテゴリ

アーカイブ